びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

11R

2018/4/15(日) 3回中山8日目

皐月賞 (GⅠ)

  • サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量
  • 芝2000m 16頭 15:40発走
  • 本賞金 11000万 4400万 2800万 1700万 1100万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 GI5勝のJRA馬主!佐々木主浩【マイルCSの最終結論】無料で教えます!

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 4 7 牡3 57.0 7 14.5 2:00.8 ④④④④ 35.1 492(0) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 7 14 牡3 57.0 9 24.6 2:01.1 ⑤⑤⑤⑤ 35.2 488(-12)
3 5 10 牡3 57.0 8 17.8 2:01.4 13/4 ②②②② 37.6 496(0)
4 8 15 牡3 57.0 2 3.7 2:01.4 クビ ⑭⑭⑭⑬ 34.8 460(-6)
5 3 5 牡3 57.0 3 6.3 2:01.4 ハナ ⑪⑭⑭⑬ 34.8 502(+12)
6 6 12 牡3 57.0 10 25.1 2:01.4 ハナ ⑯⑭⑭⑬ 34.8 494(0)
7 1 2 牡3 57.0 1 3.5 2:01.6 11/2 ⑪⑪⑩⑫ 35.2 452(+2)
8 3 6 牡3 57.0 12 70.7 2:01.8 ①①①① 38.3 472(-2)
9 2 3 牡3 57.0 4 9.6 2:01.8 アタマ ⑪⑪⑩⑪ 35.4 492(+8)
10 1 1 牡3 57.0 6 12.3 2:01.9 3/4 ⑧⑧⑧⑦ 35.8 454(-4)
11 4 8 牡3 57.0 11 54.3 2:02.0 クビ ⑤⑤⑤⑤ 36.1 444(-2)
12 5 9 牡3 57.0 5 9.7 2:02.2 11/4 ⑭⑪⑩⑦ 35.8 454(-4)
13 6 11 牡3 57.0 13 151.8 2:02.3 3/4 ⑦⑦⑤⑦ 36.3 460(+2)
14 7 13 牡3 57.0 14 159.5 2:02.5 ⑧⑧⑧⑦ 36.4 466(-6)
15 8 16 牡3 57.0 15 315.0 2:03.1 ②②②③ 39.3 486(0)
16 2 4 牡3 57.0 16 410.4 2:04.4 ⑧⑧⑩⑯ 38.1 484(+4)

払い戻し

単勝 7 1,450円 馬単 7-14 23,570円
複勝 7
14
10
430円
580円
530円
ワイド 7-14
7-10
10-14
3,250円
3,010円
4,290円
枠連 4-7 9,520円 3連複 7-10-14 53,410円
馬連 7-14 12,880円 3連単 7-14-10 372,080円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー 6(10,16)=7(8,14)11(4,1,13)(3,2,5)(9,15)12
2コーナー 6(10,16)=7(8,14)11(4,1,13)(9,3,2)(12,15,5)
3コーナー 6(10,16)=7(8,14,11)(1,13)(4,9,3,2)(12,15,5)
4コーナー 6,10,16=7(8,14)(9,1,13,11)3,2(12,15,5)4

通過タイム

200m 12.6 (12.6)
400m 11.0 (23.6)
600m 11.9 (35.5)
800m 11.5 (47.0)
1000m 12.2 (59.2)
1200m 11.9 (1.11.1)
1400m 12.4 (1.23.5)
1600m 12.4 (1.35.9)
1800m 12.7 (1.48.6)
2000m 12.2 (2.00.8)
ペース:ハイ (-2.4)
テン:4F 47.0 - 3F 35.5/上がり:4F 49.7 - 3F 37.3

レース後のコメント

1着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)

「とても嬉しいです。馬は落ち着いて走っていましたし、道中の感じも力強かったです。距離に不安はありましたが、強い競馬でしたし、距離に問題はなさそうですね。次も楽しみです」

1着 エポカドーロ(藤原英昭調教師)

「オルフェーヴルの初年度産駒。日高の出身です。関係者すべての力が結集した結果。戸崎圭太騎手が一番、感激していましたね。結果を出せて光栄です。ここまでのプロセスから、狙っていた舞台です。何通りか思い描いたなか、3、4番手も想定していて、ベスト展開となりました。前が飛ばし、単騎で逃げているかたち。状態は良かったですし、渋った馬場状態も味方しましたよ。リラックスして運べ、操縦性が高い。小倉のあすなろ賞も上手に走っていて、時計も持っていますからね。ここにきて、ぐっと馬がしっかりしてきました。新馬で負けたとはいえ、まだ成長途上。久々の未勝利をあっさり勝て、皐月賞へいけるのではと想像しましたが、ここまで余裕の勝ち方ができるなんて、驚きましたよ。爽快な気分です。今後に楽しみがふくらみます。まずは皐月賞に照準を合わせていましたので、またリセットしてダービーに挑戦したい。父は万能ですが、母は短めの血統背景。どのあたりに適性があるのか、当初は見極めが難しかったんです。体型からも距離延長となれば、ひと工夫が要るかもしれません。ただし、ポテンシャルは高いですからね」

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line