中山競馬場 芝2000m
中山競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

牡馬クラシック第1弾・皐月賞が行われるコース。1800mのスタート地点から200m下がったところがゲートとなり、1コーナーまでの距離は405m。最初のコーナーまでの距離が十分あり、テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着くため、ペースはさほど速くはならない。

脚質的には先行馬が強く、更に後半は長くいい脚が求められる。ゴール前の急坂を2度超えるため、タフさも要求される。また、マクリがハマり易いのも特色であるように、騎手の腕一つで結果を左右することも少なくはない。母数は少ないのだが、マクリで結果を残している代表例は戸崎圭太騎手だ。

外枠が幾分有利で、秋の9月開催は野芝がメインで時計が速くなる。この開催に関してはタフさに加え、持ち時計にも注意を払いたい。近年は馬場整備の向上もあってか、枠の有利不利は少なくなってきている。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 18 4 4 12 47.4% 146.3%
    2 15 17 8 45 17.6% 76.5%
    3 15 15 9 62 14.9% 61.9%
    4 8 7 6 66 9.2% 66.0%
    5 6 5 9 55 8.0% 64.4%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 3 6 34 15.7% 166.5%
    2 7 7 8 32 13.0% 74.1%
    3 5 3 6 24 13.2% 47.4%
    4 5 2 3 34 11.4% 74.8%
    5 4 6 3 16 13.8% 54.1%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 34 14 11 234 11.6% ---
    2 5 20 18 12 194 8.2% ---
    3 3 16 11 23 173 7.2% ---
    4 2 14 17 17 165 6.6% ---
    5 7 18 25 20 214 6.5% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

出走回数は少ないものの連対率35.3%、複勝率47.1%。皐月賞など重賞での好走率は驚異的。

当コースのリーディング20位以内で唯一の単勝回収率100%超え。

(15.17.8.51)で複勝率44.0%と高い数字を叩き出している。

(4.6.3.18)で複勝率は41.9%。複勝回収率は210%と高確率で馬券圏内に食い込んでいる。

消しの法則

複勝率14.8%で、単勝、複勝回収率はともに60%を切る。

期間内で60回騎乗し、わずか2勝。勝率3.3%、複勝回収率も69%と低調。

期間内(4.6.1.25)で勝率は11.1%、単勝回収率22%。他の条件に比べて成績が悪い。

  • twitter
  • facebook
  • line

このレースを取り扱っているコンテンツ