【ジャパンC】いよいよ初対決! キタサンブラック、レイデオロら19頭が登録

キタサンブラック

史上2頭目の連覇に挑むキタサンブラック

11月26日(日)、東京競馬場で行われる第37回 ジャパンカップ(G1)(3歳上 国際 指定 定量 芝2400m)の特別登録馬19頭が発表された。

ジャパンカップの登録馬データ、過去10年一覧はコチラ⇒

今年は古馬王道を歩む馬たちに加え、外国馬4頭が来日、秋初戦を快勝したダービー馬が参戦。世代や所属を超えた争いとなるだけに、各馬の能力比較、適性を図ることが重要になりそうだ。過去10年の3歳勢はローズキングダム(降着による繰り上がり)、ジェンティルドンナが2勝しているが、馬券圏内に入った3歳馬のほとんどが同じ舞台で行われるダービー or オークスで好走していた。

最重要ステップは、過去10年の好走馬の3分の2を占める天皇賞・秋だが、今年は極悪馬場で行われたことがポイントか。特殊な条件で持ち味を削がれた馬がいるのか、注意を払いたいところ。血統的には、ディープインパクト産駒が好成績で、ハーツクライ産駒などトニービンの血を持つ馬が活躍している。

また、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎のアイダホはライアン・ムーア騎手が騎乗。これにより、一時予定されていた想定から変化がありそうだ。

注目は天皇賞春秋連覇を果たし、このレースの連覇を狙うキタサンブラックと今年のダービー馬・レイデオロの初対決だろう。キタサンブラックは今年限りでの引退を表明しており、残るはあと2戦。レイデオロにとってはここで王者を破って世代交代をアピールしたい。

脇役陣も多彩。サトノクラウンは、2走前の宝塚記念でキタサンブラックらを退けて国内G1初制覇。前走の天皇賞でも2着に食い下がった。昨年のダービー馬マカヒキも徐々に復調気配が窺える。また、昨年の2着馬サウンズオブアース、同3着のシュヴァルグラン、オークス馬・ソウルスターリングも舞台設定は申し分ない。過去10年でも、牝馬は[5.2.2.16]の好成績。馬券圏内に入った6頭中、5頭が東京芝2400mの重賞実績があったことは見逃せない。

海外からはドイツのイキートスギニョール、アイルランドのアイダホ、オーストラリアのブームタイムと4頭が参戦する。登録馬、想定騎手は以下のとおり。

  • 【収得賞金順】
  • キタサンブラック 57 武豊
  • サトノクラウン 57 M.デムーロ
  • レイデオロ 55 C.ルメール
  • サウンズオブアース 57 田辺
  • ソウルスターリング 53 C.デムーロ

  • ラストインパクト 57 戸崎
  • マカヒキ 57 内田博
  • シュヴァルグラン 57 H.ボウマン
  • ヤマカツエース 57 池添
  • ディサイファ 57 柴山

  • シャケトラ 57 福永
  • ワンアンドオンリー 57 横山典
  • レインボーライン 57 岩田

  • 【外国馬】
  • アイダホ 57 R.ムーア
  • イキートス 57 D.ポルク
  • ギニョール 57 F.ミナリク
  • ブームタイム 57 C.パリッシュ

  • 【回避】
  • タンタアレグリア
  • トーセンバジル

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み2

  • くるりさん >>1 出れるみたいですよ。 2ヵ月前
  • 未記入さん レインボー除外対象か。 出たがり馬主の 2ヵ月前