【香港カップ】日本馬3連覇へ!ネオリアリズム1番、スマートレイアーは9番枠に決定

香港カップ

香港G1連勝を狙うネオリアリズム

12月10日(日)、香港・シャティン競馬場8Rに行われる香港カップ(G1、芝2000m)の枠順が確定した。

【香港カップ】データ充実!予想が見られる「SPネット新聞」も発行!総力特集はコチラ⇒

香港カップは2015年エイシンヒカリ、2016年モーリスと日本勢が2年連続で優勝。3連覇を狙う今年は3頭が参戦し、12頭立てとなった。

2走前に同舞台のクイーンエリザベス2世カップ(G1)を制したネオリアリズム(牡6、美浦・堀厩舎)は、最内1番枠に入った。前走の天皇賞(秋)は休み明けで不良馬場と悪条件が重なって13着。再びJ.モレイラ騎手とのコンビで、香港G1連勝を目指す。

3年連続出走のステファノス(牡6、栗東・藤原英厩舎)は8番枠。2015年は10着も、昨年は3着と健闘。右回りの2000m前後では崩れておらず、ジャパンCを制したH.ボウマン騎手とのコンビで悲願のG1制覇に挑む。昨年は2400mの香港ヴァーズで5着だったスマートレイアー(牝7、栗東・大久龍厩舎)は9番枠に決まった。メンバー唯一の日本人・武豊騎手の手綱さばきにも期待がかかる。

海外のライバルたちも強力だ。3番枠のワーザー(セ6、香港・Jムーア厩舎)は2015-2016年の香港年度代表馬。シャティン競馬場の芝2000mでは5戦4勝3着1回で、地の利を生かしてタイトル奪取を狙う。前哨戦でワーザーとクビ差の接戦を演じたタイムワープ(セ4、香港・Aクルーズ厩舎)は5番枠に決定した。

アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎が送り込むドーヴィル(牡4、アイルランド・Aオブライエン厩舎)は2番枠。先週、日本でチャンピオンズCを制したR.ムーア騎手が手綱を取る。ハイレベルのヨーロッパ中距離G1で連続2着の12番枠ポエッツワード(牡4、イギリス・Mスタウト厩舎)も侮れない。

馬券は12月10日(日)の10時00分よりインターネット投票にて発売が行われる。発走予定時刻は17時30分(いずれも日本時間)。枠順は以下のとおり。

ゲート番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1 ネオリアリズム 57
(牡6、美浦・堀、Jモレイラ)

2 ドーヴィル 57
(牡4、アイルランド・Aオブライエン、Rムーア)

3 ワーザー 57
(セ6、香港・Jムーア、Tベリー)

4 ロビンオブナヴァン 57
(牡4、イギリス・Hダンロップ、Sクリッパートン)

5 タイムワープ 57
(セ4、香港・Aクルーズ、Zパートン)

6 ガルリンガリ 57
(セ6、フランス・Cバランドバルブ、Sパスキエ)

7 ウォーディクリー 55.5
(牡3、アイルランド・Aオブライエン、Sヘファナン)

8 ステファノス 57
(牡6、栗東・藤原英、Hボウマン)

9 スマートレイアー 55.5
(牝7、栗東・大久龍、武豊)

10 ブロンドミー 55.5
(牝5、イギリス・Aボールディング、Oマーフィー)

11 シークレットウェポン 57
(セ7、香港・Cイプ、Nローウィラー)

12 ポエッツワード 57
(牡4、イギリス・Mスタウト、Aアッゼニ)

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。