【阪神大賞典】武豊とコンビを組むクリンチャー7枠8番 アルバートは8枠10番!

クリンチャー

クリンチャーは7枠8番!

3月18日(日)、阪神競馬場で行われる第66回阪神大賞典(G2)(4歳上 国際 指定 別定 芝3000m)の登録馬が発表された。

阪神大賞典のネット新聞・登録馬詳細データはコチラ→

春の天皇賞に向けて、数多くのステイヤーたちがしのぎを削ってきたこのレース。ゴールドシップが3連覇して以降、ジャパンCを勝ったシュヴァルグラン、有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドと、よりスピードも求められるようになってきているだけに、この先の古馬路線を占う意味でも重要な一戦となってくる。

京都記念を制した7枠8番クリンチャー(牡4、栗東・宮本厩舎)は大雨の菊花賞でも最後まで伸びたようにスタミナ豊富。距離延長はまったく問題ないだろう。前走はダービー馬レイデオロを倒すなど、今充実期に入った可能性がある。今回の鞍上は過去にこのレースで8勝を挙げている名手・武豊騎手。ここで更に勢いをつけて本番に向かいたいところだ。

ステイヤーズS3連覇を果たした8枠10番アルバート(牡7、美浦・堀厩舎)が強敵。破壊力のある末脚で数多くの長距離タイトルを獲ってきた同馬も、まだ天皇賞などG1は未勝利。悲願のG1獲りに向けて、この一戦は負けられない。

有馬記念は8着だったものの、G1でも実績を残してきた6枠7番レインボーライン(牡5、栗東・浅見厩舎)も有力な1頭。かつて菊花賞でも2着があるように、3000mに不安はない。その先に控える春の盾に向けて、得意の阪神コースで巻き返したいところだろう。

長距離で数多くの実績を残してきた4枠4番カレンミロティック(セ10、栗東・平田厩舎)ら古豪から、この先を嘱望されている6枠6番サトノクロニクル(牡4、栗東・池江寿厩舎)など若馬、そして前走チャレンジCで見せ場ある5着に食い込んだ佐賀競馬所属の2枠2番スーパーマックス(牡4、佐賀・九日厩舎)など、バラエティに富んだメンバーが揃う阪神大賞典の発走は15時35分。枠順は以下の通り。

枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 トミケンスラーヴァ 56
(牡8、美浦・竹内、秋山)

2-2 スーパーマックス 55
(牡4、招待・九日、山口勲)

3-3 シホウ 56
(牡7、栗東・笹田、小牧太)

4-4 カレンミロティック 56
(セ10、栗東・平田、池添)

5-5 コウエイワンマン 56
(牡7、栗東・川村、四位)

6-6 サトノクロニクル 55
(牡4、栗東・池江寿、川田)

6-7 レインボーライン 56
(牡5、栗東・浅見、岩田)

7-8 クリンチャー 56
(牡4、栗東・宮本、武豊)

7-9 ムイトオブリガード 55
(牡4、栗東・角田、藤岡佑)

8-10 アルバート 57
(牡7、美浦・堀、福永)

8-11 ヤマカツライデン 56
(牡6、栗東・池添兼、松山)

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。