【クイーンS】夏の女王決定戦ディアドラ7枠9番、ソウルスターリング2枠2番!

ディアドラ

帰国初戦ディアドラは7枠9番!

7月29日(日)、札幌競馬場で行われる第66回クイーンステークス(3歳上牝 国際 別定 芝1800m)の枠順が確定した。

クイーンSの総力特集はコチラ⇒

北の大地で行われる夏の女王決定戦。過去にはアヴェンチュラがこのレースを制した後、秋華賞を制して女王の座に就いたように、このレースをステップに秋の飛躍を狙う馬は多い。ただ毎年のように6番人気以下の伏兵も馬券に絡んでくる難解な一戦でもある。今年も予想が難しいレースとなりそうだ。

昨年の秋華賞馬7枠9番ディアドラ(牝4、栗東・橋田厩舎)が人気の中心か。昨年夏の札幌・HTB賞を制したのを皮切りに、紫苑S、秋華賞と見事な3連勝で女王の座を勝ち取った。使い詰めも影響したエリザベス女王杯は大敗したものの、今年は京都記念、そして前走ドバイターフと、強豪古馬相手に善戦を続けている。ほとんどの馬と同じ55キロであれば、ここは主役の座は譲れないところだろう。

復活を狙うソウルスターリング(牝4、美浦・藤沢和厩舎)は2枠2番。昨年オークスを制し、来年は海外…という話まで出た馬だが、今年緒戦の阪神牝馬S10着、続くヴィクトリアマイルは7着と、別馬のようなレースが続いている。それでもヴィクトリアマイルでは1着と0.4秒差。決して大敗したわけでもない。復調の兆しはあった。秋に向けて、北の地で復活の狼煙をあげたいところだろう。

ここ4戦連続で2着が続いている5枠5番フロンテアクイーン(牝5、美浦・国枝厩舎)もそろそろ重賞タイトルが欲しいところだろう。センスのあるレースぶりで相手なりに安定して走る馬だが、毎回あと少しのところで勝ち星をさらわれ続けている。予定していた福島牝馬Sを調教中の心房細動で回避した経緯があるだけにその点は不安だが、力は上位だけに今回も評価は下げられない。

前走マーメイドステークスで初重賞制覇を遂げた7枠8番アンドリエッテ(牝6、栗東・牧田厩舎)、前走函館記念で牡馬相手に絶妙な立ち回りから3着を確保した8枠11番エテルナミノル(牝5、栗東・本田厩舎)、そして条件馬ながら素質はオープン級と評され安定した走りをせている1枠1番アグレアーブル(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)など、秋の飛躍を目指す牝馬たちが集ったクイーンステークスの発走は15時25分。枠順は以下の通り。

枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 アグレアーブル 55
(牝5、美浦・斎藤誠、J.モレイラ)

2-2 ソウルスターリング 56
(牝4、美浦・藤沢和、北村宏)

3-3 トーセンビクトリー 55
(牝6、栗東・中竹、岩田)

4-4 ツヅミモン 51
(牝3、栗東・藤岡健、吉田隼)

5-5 フロンテアクイーン 55
(牝5、美浦・国枝、蛯名)

6-6 リバティハイツ 51
(牝3、栗東・高野、北村友)

6-7 ティーエスクライ 55
(牝6、栗東・武幸、竹之下)

7-8 アンドリエッテ 55
(牝6、栗東・牧田、国分恭)

7-9 ディアドラ 55
(牝4、栗東・橋田、C.ルメール)

8-10 ハッピーユニバンス 55
(牝6、栗東・平田、藤岡康)

8-11 エテルナミノル 55
(牝5、栗東・本田、四位)

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。