【共同通信杯】アドマイヤマーズ4枠4番、クラージュゲリエは6枠6番!

アドマイヤマーズ

2歳王者アドマイヤマーズは4枠4番!

2月10日(日)、東京競馬場で行われる第53回共同通信杯(G3)(3歳 国際 別定 芝1800m)の枠順が確定した。

共同通信杯の総力特集はコチラ⇒

近年素質馬が集う注目の重賞。一昨年の覇者スワーヴリチャードはダービー2着に有馬記念3着。近年の勝ち馬はドバイターフを制したリアルスティール、そしてゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティら皐月賞馬に加え、2着馬にもダービー馬ディープブリランテやドゥラメンテと、ビッグネームが並ぶ。総合力が問われる東京1800mで行われることから、この世代の頂点を占う一戦になるだろう。

4戦4勝、無敗の2歳王者アドマイヤマーズ(牡3、栗東・友道厩舎)が4枠4番から2019年緒戦を迎える。新馬戦、野路菊Sを制し迎えた2走前のデイリー杯2歳Sではパワーのいる芝を苦にせず重賞初制覇。続く朝日杯FSは道中3番手を追走すると、上がり3F33.9の末脚を駆使して後続を完封。見事2歳王者に輝いた。競馬場を問わない安定感がこの馬の武器。今回は初の1800mとなるが、安定した取り口から距離は問題なさそうだ。

京都2歳Sを制した6枠6番クラージュゲリエ(牡3、栗東・池江寿厩舎)が有力な対抗馬。アドマイヤマーズと違い、スタートから好位置を取りに行くようなタイプではないが、3着に敗れた2走前の札幌2歳Sも外からかなり長く脚を使うなど、末脚の持続力は世代トップクラスのものがある。名牝トゥザヴィクトリーの曾孫にあたる本馬がクラシックに向けて弾みをつけられるかどうか。

最大の惑星として名前が上がるのが5枠5番フォッサマグナ(牡3、美浦・藤沢和厩舎)。アメリカ・OBSスプリングセールにて70万ドルもの高値で落札された素質馬で、単勝1倍台に推された新馬戦は前残りの展開を外から楽々差し切って圧勝した。2着以下からも勝ち上がり馬が複数出ており、相手は決して弱くない。クロフネ級とも噂される北米が生んだ大器が2戦目でどのようなパフォーマンスを見せるのか、注目が集まる。

デビューから2連勝の素質馬1枠1番ダノンキングリー(牡3、美浦・萩原厩舎)、南関東・川崎所属の札幌2歳S2着馬3枠3番ナイママ(牡3、川崎・河津厩舎)など、クラシックを目指す若駒が集った共同通信杯の発走は15時45分。枠順は以下の通り。

枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 ダノンキングリー 56
(牡3、美浦・萩原、戸崎)

2-2 マードレヴォイス 56
(牡3、美浦・田村、三浦)

3-3 ナイママ 56
(牡3、招待・河津、柴田大)

4-4 アドマイヤマーズ 57
(牡3、栗東・友道、M.デムーロ)

5-5 フォッサマグナ 56
(牡3、美浦・藤沢和、C.ルメール)

6-6 クラージュゲリエ 57
(牡3、栗東・池江寿、武豊)

7-7 ゲバラ 56
(牡3、美浦・伊藤大、大野

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。