【毎日王冠・想定騎手】実力馬が集結! インディチャンプ、アエロリットら10頭

インディシャンプ

伸びしろ十分のインディシャンプ

10月6日(日)、東京競馬場で行われる第70回毎日王冠(3歳上 国際 別定 芝1800m)の登録馬が発表された。

毎日王冠の総力特集はコチラ⇒

例年勢いに乗りたい3歳馬と、迎え撃つ古馬という図式になりやすいこのレース。1800mという距離も相まって、スピードのあるステイヤー、総合力に優れた中距離馬が一堂に会し、激戦が予想される。その先には天皇賞(秋)が控えるだけに、どの馬もここで弾みをつけたいところだろう。

伸び盛りのインディチャンプ(牡4、栗東・音無厩舎)が主役。昨年12月に準オープンを卒業すると、今年は上昇一途。東京新聞杯を好タイムで快勝すると、マイラーズC4着を挟んで迎えた安田記念で、馬群の間から鋭く伸びて優勝してみせた。レースを経験するたびに強くなっており、初めての1800mでも十分勝負になるだろう。

一昨年のNHKマイルC勝ち馬で昨年のこのレースを制したアエロリット(牝5、美浦・菊沢厩舎)が強敵。アメリカ遠征後の春のG1はヴィクトリアマイルこそ5着に敗れたものの、安田記念で2着と結果を出してみせた。G2なら力上位。1800mもクイーンS1着など守備範囲。田辺騎手騎乗停止により、今回は津村騎手との初コンビで挑む。

古馬撃破を狙うのが3歳馬ダノンキングリー(牡3、美浦・萩原厩舎)。皐月賞3着から挑んだ前走の日本ダービーでは、4コーナー3番手という積極的な競馬を見せたものの、先に抜け出したロジャーバローズを捉えられず2着に敗れた。しかし着差はわずかにクビ。共同通信杯を制した舞台である東京1800mに条件を移すのはプラスだ。

マイルG1を制しているモズアスコット(牡5、栗東・矢作厩舎)、ペルシアンナイト(牡5、栗東・池江寿厩舎)、ケイアイノーテック(牡4、栗東・平田厩舎)と、多くのG1馬が出走する毎日王冠の登録馬は以下の通り。

アエロリット 55 津村
インディチャンプ 58 福永
ギベオン 56 岩田望
ケイアイノーテック 57 幸
ダノンキングリー 54 戸崎
ハッピーグリン 56 服部茂
ペルシアンナイト 57 A.シュタルケ
マイネルファンロン 56 柴田大
モズアスコット 57 内田博
ランフォザローゼス 54 北村宏

毎日王冠の登録馬はコチラ⇒

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。