11R

2018/1/21(日) 1回中山7日目

アメリカジョッキーC (GⅡ)

  • サラ系4歳上オープン (国)[指] 別定
  • 芝2200m 11頭 15:45発走
  • 本賞金 6200万 2500万 1600万 930万 620万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 G1・5勝のJRA馬主!佐々木主浩の【根岸S・最終結論】無料公開

中山競馬場 芝2200m
中山競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

直線の入り口がスタートで、1コーナーまでの直線距離は432m。外回りコースを使用するため、2コーナーまでは緩やかなカーブ。また、4コーナーまでも緩やかなカーブを描くコースで平均ペースになりやすい。

向こう正面の下りも手伝って、道中のペースが落ちないため、3コーナーからの仕掛けが重要なポイント。マクリも度々見られる。脚質的には先行馬が有利。最後の直線は310mと短いが、クラスが上がるにつれて逃げ切りは難しくなる。また、直線一気も難しい。末脚の持続性、すなわちスタミナと底力が要求される。

リピーターが多いのも特徴で、1度このコースで好走を見せた馬は次走以降も注意を払いたい。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後3F 後5F R3F差 1上り
3歳 未勝利 21 2.15.9 36.5 62.2 35.8 60.8 -0.7 35.4 4 31 27 1
500万 8 2.16.0 37.2 63.1 35.1 60.0 -2.1 34.7 4 11 4 5
オープン 2 2.13.4 36.2 61.0 35.2 59.8 -1.0 34.7 1 3 2 0
混合 500万 6 2.15.2 37.1 62.9 35.5 59.8 -1.6 34.8 0 5 10 3
1000万 4 2.14.5 37.2 61.9 36.0 59.8 -1.2 35.3 0 6 5 1
1600万 7 2.13.6 36.7 61.4 35.4 59.9 -1.3 34.8 2 10 7 2
オープン 6 2.12.5 36.2 60.8 35.5 59.4 -0.7 34.8 1 8 9 0

買いの法則

北村宏司
騎手
特定の馬で稼いだものではなく【3.7.2.11】で連対率43.5%の成績は優秀と言わざるをえない。
ステイゴールド
産駒
有馬記念の芝2500mにもいえることだが、この血統はことさら強い。【10.6.12.67】で期間内最多勝を誇る。また、その子のドリームジャーニー産駒も【4.1.1.2】という成績で、このラインはセットで覚えておきたい。

消しの法則

柴山雄一
騎手
期間内に30回の騎乗がありながら【0-2-3-25】と未勝利。
マツリダゴッホ
産駒
父にとっては庭だったが、産駒は期間内【0-0-1-10】とサッパリ。
上記の集計は2014年~2017年3回中山/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア
  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 5 4 1 13 21.7% 146.5%
    2 4 3 1 15 17.4% 78.3%
    3 3 7 3 12 12.0% 49.2%
    4 2 3 1 6 16.7% 145.0%
    5 2 1 4 11 11.1% 89.4%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 3 2 1 7 23.1% 106.2%
    2 3 1 1 4 33.3% 120.0%
    3 3 0 1 5 33.3% 270.0%
    4 2 3 0 8 15.4% 80.0%
    5 2 1 4 7 14.3% 120.7%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 6 7 3 5 49 10.9% ---
    2 4 6 11 3 39 10.2% ---
    3 3 6 0 1 50 10.5% ---
    4 5 5 4 8 45 8.1% ---
    5 7 3 5 5 55 4.4% ---

このレースを取り扱っているコンテンツ