びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

11R

2018/7/1(日) 2回福島2日目

ラジオNIKKEI賞 (GⅢ)

  • サラ系3歳オープン (国)(特) ハンデ
  • 芝1800m 13頭 15:45発走
  • 本賞金 3800万 1500万 950万 570万 380万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 JRA馬主・佐々木主浩が【新潟2歳Sの最終結論】を無料公開!

福島競馬場 芝1800m
福島競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

ローカル小回り芝1800mの中では最も1コーナーまでの距離が長く(約305m)、他場に比べ、テン3Fは若干速くなる傾向にある。

レースの大半を占める2,3歳未勝利、古馬500万下では前へ行く馬が特に有利。直線が短いため、極端な追い込みが決まることは滅多になく、基本的には前が残りやすく、先行力と持続力が求められるコースだ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 12 1:51.5 37.3 35.8 -1.5 6 14 16 0
未勝利 15 1:50.0 36.0 36.4 0.4 7 19 18 1
500万 3 1:49.4 36.9 35.1 -1.8 2 5 1 1
3歳 未勝利 18 1:48.9 35.7 35.9 0.2 5 33 16 0
オープン 3 1:46.5 34.9 35.1 0.2 2 3 1 3
古馬 500万 30 1:48.1 35.5 36.0 0.5 7 33 39 11
1000万 3 1:48.3 36.8 35.1 -1.7 1 7 0 1
1600万 3 1:47.7 35.9 35.6 -0.3 2 5 1 1
オープン 6 1:47.2 35.5 35.8 0.3 3 7 5 3
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

ディープ
インパクト
産駒
【14-9-12-53】で単勝回収値148。
複勝回収値も107で人気薄に妙味あり。
    

消しの法則

馬主
島川 隆哉氏
上位には社台&ノーザン系がズラリ。
その中で【1-0-1-27】と不振。
吉田 豊
騎手
14年の福島牝馬ステークスを制しているが、【2-0-1-39】。
17年4月まで30連敗もあった。

◆ラジオNIKKEI賞のポイント◆

近5年で馬券に絡んだ5番人気以下は8頭。そのうち4頭(ロードリベラル、マルターズアポジー、ウインマーレライ、ウインフェニックス)は福島で勝ち星があり、前走東京で負けていた。ハンデが軽くなりやすく、得意の小回りコースで激走するパターンだ。今年の該当馬はマイネルサーパス

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 9 3 0 19 29.0% 68.1%
    2 7 4 3 20 20.6% 251.2%
    3 3 7 6 35 5.9% 28.4%
    4 3 4 0 12 15.8% 208.9%
    5 3 3 0 16 13.6% 52.7%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 3 2 1 9 20.0% 292.0%
    2 2 3 0 4 22.2% 524.4%
    3 2 2 3 18 8.0% 17.2%
    4 2 2 0 4 25.0% 276.3%
    5 2 2 0 4 25.0% 107.5%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 11 12 10 103 8.1% ---
    2 4 11 11 6 100 8.6% ---
    3 3 10 9 11 97 7.9% ---
    4 5 9 13 8 104 6.7% ---
    5 7 9 6 9 114 6.5% ---
  • twitter
  • facebook
  • line

このレースを取り扱っているコンテンツ